アロマの基礎、アロマの種類、各種アロマオイルの紹介

アロマテラピーなび

アロマでストレス解消


香水レシピ

香水を作るには、
おもにアルコールをベースにすることがほとんどですが、
キャリアオイルをベースにしても、香水が作られます。

わたしたちが知っている香水のには、
オーデコロン・パフューム・オードトワレなどがありますが、
これは、香水使われている香料の濃度のことを分類しています。

香料の成分が3〜5%であれば、
オーデコロン、

4〜8%であれば、
オードトワレ、

15〜30%であれば、
パフュームです。

香料の濃度が高いほど、値段も高価です。

アルコールを使用すると、お肌にべとつかず、
さっぱりとし感触がありますが、
キャリアオイルは、油なので、少しお肌にべとつきがありますが、
蒸発するのが遅いので、香りが持続するというメリットがあります。

オリジナルのパフュームを作るには、
・ホホバオイル(無水エタノールでも可)10ml
・エッセンシャルオイル:15〜30%濃度になるように30滴から60滴程度
を使います

10mlサイズの遮光ビンを用意して、
ホホバオイル(または無水エタノール)
エッセンシャルオイルの順番で加えます。
エッセンシャルオイルは、少しずつ入れて、
香りを見ながら調節していきます。

冷暗場所に1か月おいて、
香りを熟成させるようにします。
1日に1回は、
ビンを振ってなじませるようにするのがポイントです。

UP▲

~アロマテラピーなびへ

Copy right(C)
アロマテラピーなび
All Rights Reserved.