アロマの基礎、アロマの種類、各種アロマオイルの紹介

アロマテラピーなび

アロマでストレス解消


アロマの効果による分類

香水の効果別には、
・リラクゼーション効果
・陶酔効果(催淫効果)
・刺激的な効果
・リフレッシュ効果
・催淫効果
・加温効果
などがあります。

もともと、アロマは、
心身のリラクゼーションやリフレッシュ効果があると言われてきましたが、
中には、催淫効果のように甘くて危険な香り効果もあります。

それぞれの用途に使い分けるといいでしょう。

陶酔効果の強いイランイランは、
甘く、うっとりするような香りが特徴です。

その他に、
クラリセージ・サンダルウッド・バニラなどがあります。

落ち着いた気分にさせてくれるリラクゼーション効果がある香りは、
カモミール・ジャスミン・ラベンダー・ローズなどです。
花の香りにリラクゼーション効果があります。

刺激効果のある香りは、
嗅覚を刺激して、興奮作用があります。

料理には、
香辛料として使われているブラックペッパーやバジルなど、
その他には、コリアンダー・フェンネルなどがあります。

爽快感いっぱいのリフレッシュ効果のある香りは、
ペパーミント・ライム・レモンなどです。

加温効果がある香りには、
オレンジ・ジャスミンなどがあります。

UP▲

~アロマテラピーなびへ

Copy right(C)
アロマテラピーなび
All Rights Reserved.